沿革

1955年1月:

杉本株式会社(資本金100万円)設立
本社 和歌山市4番丁4番地にて、染色関係資材の販売業者として、和歌山・大阪・京都・四国地区の染色製造会社と取引

1959年4月:

資本金300万円に増資
大阪営業所(大阪市東区唐物町1丁目15番)開設。
新たに伸線用潤滑剤販売開始・神戸製鋼、八幡製鉄、住友電工、東京製綱、川崎製鉄等全国100件内外の伸線業者と取引開始

1962年8月:

杉本化学工業株式会社(和歌山市宇須)設立
和歌山市粟須にて、金属石鹸・伸線用潤滑剤・繊維油剤の製造開始

1969年11月:

杉本株式会社及び杉本化学工業株式会社を統合し、大日化学工業株式会社設立
製造工場を東大阪市中石切町7丁目3番4号に置く

1995年4月:

資本金1000万円に増資

2000年9月:

ISO9001規格取得

2002年9月:

ISO14001規格取得

2006年4月:

エンジニアリングプラス向け添加剤を開発・販売開始(EPLシリーズ)

2014年11月:

ISO9001・ISO14001:統合マネジメントシステムに移行

2016年2月:

機能性滑剤向け新工場稼動

事業内容

金属石鹸の製造・販売

・ステアリン酸、ラウリル酸、12-ヒドロキシステアリン酸、オレイン酸、ベヘニン酸、その他高級脂肪酸塩の製造


機能性滑剤の製造・販売

・粉末冶金用潤滑剤
・固体潤滑剤(ラスター、ワイヤールーブルシリーズ)
・前処理剤(ラスターWコート、フレーク石鹸、針状石鹸、固型石鹸など)


お客様ニーズに応えた粉砕および配合(受託加工)

・低温粉砕配合に特徴があります
・少ロットにも対応可能